経営理念・代表ご挨拶

経営理念

会長ご挨拶

当社の経営の根幹は『人材の人財化』が全てと言っても過言ではありません。

エンジニアに「高い技術力」が求められるのは当然ですが、「仕事ができる」だけでは、真の意味で社会に貢献することはむずかしいでしょう。

技術力と同時に、社会人としての「人間力」もあわせ持って初めて、社会の役に立つ技術や製品を人々に提供できるようになるのです。こうした両面を備えた人材こそ、技術者集団に望ましい『人財』と言えるのです。

社員ひとり一人が社会に貢献できる人財へと育っていけば、その結果としてお客様から寄せられる当社への信頼もより大きくなります。信頼されることこそが企業発展の基礎であります。

そこで、わたしたちはいつまでも『青春の心と若さ』を保ちつつ、『信念と希望と勇気』をもって、『素直な心・謙虚な心・奉仕の心』と『恕の精神』を忘れることなく、『日々に改革、日々に前進』のファイトで努力を続けてまいります。

皆様のご理解をいただければ幸甚です。

代表取締役会長(CEO) 原田 隆之






社長ご挨拶

(株)ディックソリューションエンジニアリングは、2014年9月1日、創立30周年を迎えることが出来ました。これもひとえに、当社をご支援いただいているお客様並びに関係者皆様のお蔭であり、ここに厚くお礼申し上げます。

当社は、1984年の創業以来、電気・電子分野(強電系システム、電気制御システム、ICT(情報通信)システム)でエンジニアリング・サービスを展開して来ております。

この30年の間には様々な事業環境変化がありました。現在は、資源・エネルギーの不足、自然災害の多発、少子高齢化、地域の活性化等々、社会を取り巻く課題が急激に変化しており、社会インフラシステムにおけるICTへのニーズがますます高まって来ています。

その様な中、私たちは今まで培ってきた強電系分野とICT分野、両方の技術蓄積と経験を基に、常にお客様にご満足いただける最高のエンジニアリング・サービスを提供し続けることで、社会に貢献してまいります。またその結果として、社員及びその家族が幸せを享受できることを目指します。

その為には、常に技術力と人間力の向上を怠らないエンジニアを育成することが会社の重要な責務と考えております。そして、従来のエンジニアリング・サービスに加え、お客様の課題解決型サービスの提供を志向していくことで、お客様並びに社会に更なる価値を提供できる企業を目指してまいります。

「日々に改革、日々に前進」という創業精神を忘れることなく、役員・社員一丸となって努力してまいりますので、より一層のご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 執行役員社長(COO) 千石 雅美