Company Logo
RECRUITING
SITE 2025

STAFF VOICE

社員の声

インフラシステム事業部
三好 一輝(2018年入社)

お客さまの“無くてはならない存在”として活躍。経験値を上げてさらなる成長を目指したい!

大学で工学部で情報系を専攻していたので、就職活動では学んだ知識やスキルを生かせるIT系企業に的を絞って企業を探しました。数ある中でも特にDIC'SEに魅力を感じたのは、ネットワーク系に強い企業だったことと、もう一つ。経営理念に魅力を感じたからです。会社のホームページでみた「縁あって社員となった者はそれぞれの業務を通じて人生の幸福をともに享受し合おう」という内容を読んで、「お客さまだけでなく社員も大切にしてくれる会社なんだな」と安心感を覚えて入社を決めました。

新入社員研修後に情通システム事業部へ配属され、最初に担当したのは【クライアント先のネットワークを構築するためのテスト】。ここでは学生時代に培った知識やスキルを活かせましたし、分からないことがあればチームの先輩に何でもすぐに確認できました。3年目の中ごろまでは【ネットワークの最新技術とクラウド技術を組み合わせたシステムの構築およびテスト業務】を担当。このプロジェクトを開発から納入までやり遂げたことで発注元であるSIerのお客さまが私のスキルを高く評価くださいました。この経験をきっかけに、現在は【稼働中のネットワークの改善プロジェクト】に挑んでいます。

いまの担当業務フェーズが1番成長につながっていると感じています。設計や構築を担ったのがDIC'SEではないので、既存のネットワークの構造を1から理解する必要があります、つまり新たにネットワークを構築するよりも多くの手間と高いスキルが求められます。問題が起こることをネガティブに捉えず、問題にきちんと対処・改善するしかないとポジティブに捉えて、困難な状況の中でもしっかりと成果を上げて現場の効率化に貢献できています。プロジェクト開始当初は、DIC'SEからは私含め2名が参加しているだけでしたが、現在は7名が参加し担当規模は拡大しました。私もネットワーク部分のチームリーダーとして、お客さま側のリーダー補佐をしています。お客さまから「三好さんが担当してくれて良かった」「他の案件もぜひお願いしたい」などと言っていただけたときには、大きなやりがいや達成感を覚えます。

これまでを振り返ると、上司や先輩、同僚、後輩たちに助けてもらいながらなんとかジタバタ進んできた感じが否めません、「尊敬される存在」にはまだまだ遠いですね。まずは目指したいエンジニア像をしっかりと見据え、仲間に良い影響を与えられる、頼り甲斐のあるエンジニアへと成長していきたいと思っています。

keyboard_double_arrow_left Prev View All