Company Logo
RECRUITING
SITE 2025

STAFF VOICE

社員の声

社会インフラ事業部
酒井 康我(2021年入社)

スケールの大きな仕事に憧れて入社。多数の電気制御プロジェクトを抱え、多種多様な経験を積めることが当社の魅力。社内外から頼られるエンジニアを目指す。

当社は情報通信分野の他に、電機制御の分野でも社会に貢献しています。データセンター、鉄道の保守、太陽光・風力発電といった再生可能エネルギーの安定供給、半導体工場・浄水プラント・非鉄/製鉄プラントなどの制御の舞台裏で、実は当社の電機エンジニアが活躍しているのです。また、UPS(無停電電源装置)という災害時等の急な停電が起きても、電力を供給する装置も扱っており、電気制御分野において、多種多様な経験を積むことができるのも当社の大きな魅力です。

入社したきっかけは、高校の先輩に紹介されたことです。鉄道関係の大きなプロジェクトを担当している話を聞き、スケールの大きな仕事に携わっていることを知り、とても驚きました。地方出身なので社員寮が用意され、福利厚生制度が整備されていることも入社を決めた理由の一つです。

新入社員研修終了後に配属されたのは、社会インフラ事業部という部署です。社会インフラのシステムの設計、開発、品質保証、保守を幅広く担当している部署で、私はUPS(無停電電源装置)の、製品出荷に関わる品質検証等を担当し、問題があれば設計、開発部門に報告をしています。

私が担当しているUPSは、停電が絶対に許されない社会インフラを停電リスクから守る、現代社会を支える社会インフラには欠かせない装置です。大変重要な装置を扱うので、責任は重大ですが、学生時代に勉強した知識を活かせて、社会に欠かせない重要な装置を担当することができ、とてもやりがいを感じる仕事です。

今後は医療用装置の変換器を担当するプロジェクトに異動する予定です。当社は日常生活に欠かせない、様々な装置を担当することができ、知的好奇心を満たすことができることが大きな魅力。社会インフラを支えることにより、世の中に貢献でき、様々な分野に挑戦できる環境が用意されているので、仕事を通じてどのように成長できるのか、今後のことを考えるととても楽しみです。社内外から「酒井に任せれば間違いない」と言われる電機エンジニアになれるよう、日々努力していきたいです。

View All Next keyboard_double_arrow_right