数字にフォーカスをあてると
DIC’SEの別の顔が見えてくる

  1. 数字で見るDIC’SE 1

    550

    これは、現在のDIC’SEの社員数です。現在550人。それぞれ北海道から九州までの14拠点に在籍し、技術サービスを提供しています。近年は女性エンジニアも増え、管理職に就く人もいます。男女に関わらず「エンジニア」として活躍できる環境が整っています。

  2. 数字で見るDIC’SE 2

    78 & 18

    社員の有給取得率です。2019年の政府による働き方改革以前より高い有給取得率でした。そして、18日は、初年度から取得できる有給休暇の日数です。リフレッシュすることの大切さを社員のみなさんに伝えています。

  3. 数字で見るDIC’SE 3

    41 億円

    2020年12月期決算の売上高です。1986年の創業以来、つねに黒字経営を続けています。日本のインフラを支える事業を展開してきたからこそ、いつの時代も成長を遂げられました。また、社員の弛まぬ技術習得の努力の証とも言えます。

  4. 数字で見るDIC’SE 4

    24

    外国人社員の在籍数です。中国や台湾、ミャンマー、韓国、ベトナム、ネパールなど、国籍を問わず活躍しています。長い人では入社22年目を迎えました。